幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

「自分を責めない」という生き方

f:id:Seshio-Researcher:20200125205113p:plain

【1000個中の 11個目】

こんにちは!改行や行間を試行錯誤中の研究者せしおです。体裁が不安定でごめんなさい。

それでは、さっそく始めましょう!

 

本日の質問

自分はミスが多いです。どうしたら、ミスを減らせますか?

 

いい質問ですね。

自分のミスにガッカリする感覚、嫌ですよね。

僕もちょくちょくあります。

前回、「人を責めない」という話をしました。

簡単に要点を復習すると、「人は誰でもミスをする」「人を責めずに、しくみを責めろ」の2点です。

今回は、僕なりにアレンジした「自分を責めずに、しくみを責めろ」という、せしお哲学を紹介します。

 

・自分は交換できない

モノを買い換えることはできますが、自分という一人の人間を、スマホのように交換することはできません。

残念ながら、スペックは変えられない。

スペックをなげいても、幸せにはなれません。


・自分を責めずに、「しくみ」を作る

僕の物忘れは妻のお墨付きです。。。

自分を責めても幸せになれないので、メモ帳という「しくみ」を使ってます。

会社のメモ帳はパソコンの中に、私用のメモ帳はスマホの中に。

人の記憶力はあてになりません。


・「しくみ」を責めて、改善する

メモ帳といえど、奥が深いです。

情報量が多いと見なくなります。

メモ帳の「しくみ」をかいくぐって忘れた時は、

「その手があったか、さすがですね。次は忘れさせないよ。」

という感じに「しくみ」と対話して、試行錯誤することを心がけています。

 

・周りには反省しているように映る

人にどうやって見られるかは結構重要な問題です。

自分の「しくみ」を責めている場合、周りからは反省して改善しているように映ります。

自分を精神的に追い詰めることなく、きちんと改善もできるので、いい事づくし。

おすすめです。

 

本日のおさらい

自分を責めずに、しくみを責めろ。

byせしお

 

以上でーす。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

なんだかんだありますが、『今日も最高の一日だったな』と思える、そんな日をお過ごしください!