幸せに生きるための、たった1000のこと

モノが飽和する時代。幸せとは何か。人はどうしたら幸せになれるのか。幸せに生きるヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。 #幸せ #経済 #働き方 #子育て

幸せと収入の関係

f:id:Seshio-Researcher:20200129053953j:image
【1000個中の 14個目】

こんにちは!研究者せしおです。今日は姉のせし子が来ています。

それでは、さっそく始めましょう!

 

本日の問い

幸せと収入の関係とは?
 

せしお:幸せを考える上で、『お金』の議論は外せません。

僕も、『お金』の勉強中です。

今日は、『収入』について考えていきます。

 

せし子:『お金』は大事だね。

 

せしお:幸せのカタチは、人それぞれ。

お金なくても幸せな人もいます。

 

せし子:確かにいるね。

お金持ちで不幸な人もいるよね。

 

せしお:『幸福度 年収』で検索すると、400万円、800万円、1000万円など様々なデータが出てきます。

中でも、ノーベル経済学賞受賞者で行動経済学者のダニエル・カーネマンらの研究が有名みたいです。

 

要点は2つ。

  1. 低い年収では、年収と共に幸福度は上がる
  2. ある程度の年収を超えると、幸福度は上がらなくなる

 

せし子:つまり、どゆこと?

 

せしお:つまり、

  1. 生活が苦しい状況では、幸せにお金が直結する。
  2. 生活に困らない状況では、幸せにお金はあまり関係ない。

 

せし子:なるほど。

お金は、あればあるだけ幸せになるわけじゃないんだね。

 

せしお:諸説ありますが、日本では年収400万円ぐらいを超えると、幸福度はあまり上がらなくなるそうです。

あくまで、統計的な話です。

 

せし子:勉強になったわ。

でも、私はやっぱりお金をもっと欲しいわね。

 

本日のおさらい

ある程度の年収になると幸福度は上がらなくなる。

(あくまで統計)

 

以上です。

いつも応援ありがとうございます。

今日も最高の一日をお過ごしください!