幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

幸せなお金の使い方④ 〜消費するまでの時間〜

f:id:Seshio-Researcher:20200207210355j:image
【1000個中の 23個目】

こんにちは!研究者せしおです。

それでは、さっそく始めましょう!

 

本日の問い

『即日配送』は、幸せか?

 

・『即日配送』『後払い』の時代

今は、ネット通販でも次の日には大体届きます。

そして、クレジットカードや電子マネーで支払うことが、普通です。

そのため、お金も払わずに商品を手にしていて、忘れた頃にお金が引き落とされている。

モノはすぐに手に入るし、お金を払うストレスも感じにくい。

一見、非常に便利で、良いことに感じます。

実は、あんまり幸せ的にはよくないらしいです。

 

・『消費するまでの時間』を楽しむ

海外旅行は、何十万円も振り込んで、1ヶ月後に旅行とかですかね。

これが結構いいらしいです。

行くまでの間も楽しめて、気持ちが高まったところで、本番をもっと楽しめる。

なんとなく、想像できましたか?

 

なんでもかんでも、消費するまでの時間があった方がいいわけではないです。

オムツとか洗剤とかの日用品は、届くまでを楽しめないので、すぐに届く方がいいです。

 

・それでも『即日配送』が普及するワケ

頭で理解したとしても、人間は今を優先します。

そのため、今モノが得られて、今お金を払わなくてよい選択をしてしまうのです。

「届くまでの期間を楽しみたいから、1週間後に配送してくれ」という選択を、あえてできる人は稀でしょう。

我慢しなくていいなら、我慢しないのが普通です。

その心を利用して、『即日配送』のネット通販も『後払い』のクレジットカードも進化してきました。

短期的な顧客満足を重視して、長期的な視点を無視しています。

 

幸せについて学べば学ぶほど、人は幸せのことをあんまり重視していないことがわかってきました。

その場、その場で、都合のよい判断を積み重ねちゃいますね。

そして、お金や学歴や結婚など、カタチに残るものに縛られちゃいますね。

僕も、まだまだ修行が足りてません。

 

本日のおさらい

『消費するまでの時間』を楽しめる人は、楽しもう!

 

以上です。

いつも応援ありがとうございます。

今日も最高の一日をお過ごしください!

 

参考元:「幸せをお金で買う」5つの授業、エリザベス・ダン他、KADAKAWA

(本記事の内容はほんの一部です。特に『お金』と『時間』について学びました。洋書を翻訳しているので、少し読みづらい点に注意です。僕は、kindle unlimitedで読みました。)