幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

ブログ1ヶ月の研究成果発表【後編】

f:id:Seshio-Researcher:20200217213028j:image

【番外編】

 

こんにちは!研究者せしおです。

 

ブログ開始から1ヶ月間の研究成果の後編です。

 

前編では、幸せに関する教科書的な内容をそのまま記事にするより、人間味が伝わるエピソードが含まれた記事の方がよさそう、という気づきがありました。

 

後編では、少しマニアックな実験結果を紹介します。

(おそらく、あんまり面白くないかと。。。)

 

 

3日間連続で投稿した『兄弟げんか』パート1からパート3までの記事の話です。

 

・記事内容の差をみる

何か1つだけ変えて、その差をみるのは、実験の常套手段です。

記事のタイトルは同じにして、記事の内容の差をみました。

 

タイトル的には、これまで人気のなかった子供エピソード。

同じエピソードから始まり、パート1は子育てのまま終わる(少し世界平和)。パート2は働き方改革へ展開。パート3は社会問題へ展開。

 

なんとなく、パート2の働き方改革が人気でした。

内容の良し悪しも、ちゃんと評価いただいていると解釈しました。

(そりゃそうだ。)

 

記事のタイトルに魅力がなく、アクセス数は全体的に少なかった印象。

タイトルで、読むか読まないかを割と判断してると解釈しました。

経験が浅い僕には、いい教訓でした。

(当たり前ですかね。)

 

 

・記事後半の展開

『兄弟げんか』パート1からパート3は、最初のエピソードは全く同じで、後半から様々に展開するパターンにしてみました。

(先程も言いましたね。)

 

これには、同じエピソードでも、色々な学びがあるというポジティブな意味を込めました。

それと同時に、後付けでなんとでも展開できるというネガティブな皮肉も込めてみました。

(そこまで、深読みする人はまずいませんね。)

 

 

そんなこんなで、人知れず実験して、あなたの反応を楽しませてもらってます。

これからもちょくちょく、実験させてもらいます。

学びがあったら、またシェアします。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!