幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

ビジネス本のタブー

f:id:Seshio-Researcher:20200220184505j:image
【番外編】


こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

 

僕は、たくさんビジネス本を読みます。

ネガティブ思考の僕が、最近になって気づいちゃったことがあります。

 

 

ビジネス本では、僕のような凡人が成功できる手法を、数多く紹介しています。

 

プレゼン上手、交渉上手、アイデアマン。

なんにでも頑張ればなれると、言葉巧みに誘ってきます。

 

確かに参考になることは多々ありますが、ホリエモンの本を読んでも、結局、ホリエモンにはなれないのです。

 

現実世界では、向き不向きや、好き嫌いも含めて、その道の天才と凡人がいるものです。

その道の凡人なら、頑張ったってできないという残念な事実は、ビジネス本では教えてくれません。

 

 

これが、ビジネス本のタブーです。

 

 

Appleのスティーブ・ジョブズ、Amazonのジェフ・ベゾス、SoftBankの孫正義さん。

天才的な創業者一人が大活躍する時代です。

 

凡人が脇役となり、天才が活躍する組織を作ろうというビジネス本は、読んだことがありません。

ビジネス本にお金を払うのは、僕のように天才に憧れる凡人だからでしょう。


世の中には多数派のための情報にあふれていて、天才という少数派が生きにくい環境なのかもしれません。

(天才ではないので、よくわかりません)


凡人が天才を潰すとよく言われますが、僕もその一端になってないか少し不安になりました。

 

本ブログは、営利目的ではないので、忖度なし、見返り求めずにご提供しております。

だからこそ、伝えられることがあると信じたい。

 

 

本日のおさらい

ビジネス本は、凡人でも頑張ればできると誘惑してくる。

byせしお

 

 

ちなみに、ビジネス本はこれからも読み続けます。

なんだかんだで、学びはありますからね。

 

 

以上です。
引き続き、最高の一日を!