幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

ゆる家訓② 与える 〜ギブ&テイクを越えて〜

f:id:Seshio-Researcher:20200223064913j:image
【番外編】

 

こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

 

 

今日は3つのゆるーい家訓の2つ目を紹介します。

おさらいをすると、1つ目は「ないものではなく、あるにフォーカスしよう!」でした。

今回は『ギブ&テイク(与えると見返り)』に関する話です。

 

 

僕は、大学生ぐらいの頃までは、1つギブしたら、1つテイクしたいという価値観だったように思います。

社会人になった頃からか、『ギブ&テイク』の考え方では、ストレスがたまると思いはじめました。

 

 

自分のギブより小さなテイクだったり、

相手がギフされたと思っていなかったり、

そもそも相手はギブしない人だったり。

自分の幸せが、相手次第になります。

自分でコントロールできないところで、ドツボにはまりがちです。

(実際に、たくさんはまりました)

 

 

そこで、自分でコントロールできること、つまり、ギブのみに注目しました。

ギブし続けて、それだけで満足感を得る。

テイクがあればラッキーぐらいに思えたら、幸せに過ごせるという考え方です。

テイクを求めない代わりに、自分の好きなギブを心がけます。

無理に相手に合わせて、自分を犠牲にすることはしません。(ココがポイント!)

 

 

人によると思いますが、僕にはこの考え方が合っているようです。

このブログも、せしおが無理なく楽しんでいるだけ。

趣味のおすそ分けブログです。

 

 

せしお家の家訓②

与えることでお互いハッピー!

 

 

以上です。

引き続き、最高の一日をお過ごしください!