幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

飽きっぽい人が世界を変える

f:id:Seshio-Researcher:20200224145424j:image
 【1000個中の 40個目】

 

こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

 


僕は、飽きっぽい性格だと自覚があります。

何やっても中途半端なので、 コンプレックスの一つでもありました。

 


視点を変えて、飽きっぽい人のいいところを考えてみましょう。

(ネガティブに考えてから、ポジティブに考える。ネガティブ思考の得意パターン。)

 


飽きっぽい

⇒単純作業はつまらない

⇒単純作業しなくていいようにシステムを改良する

⇒世界が少し良くなる
 


飽きっぽい

⇒知っていることはつまらない

⇒新しいものを生み出す

⇒世界が少し良くなる
 


飽きっぽい人は一つのことを繰り返すのは苦手ですが、 新しいことは好きなんだと思います。

もちろん繰り返すことが重要な時はたくさんあるので、 飽きっぽくない人の活躍の場はたくさんあります。

 

 

ブログを毎日続けているのは、僕の中では新しいことの連続だからだと思います。

同じ本を繰り返し読むことはできないが、毎回違う本なら読み続けることはできるイメージですかね。

 

 

本日のおさらい

飽きっぽい人が世界を変える(かもね!)

 


以上です。

今日も最高の一日をお過ごしください!