幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

名探偵せし郎 〜密室殺人【前編】〜

f:id:Seshio-Researcher:20200222101811j:image
【番外編】【フィクション】

 

こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

昨日、はてなブログの読者が300人突破しました。

『数値の魔力』に惑わされず、僕らしく投稿していきます。

 

 

テニスをやったことある人が、テニス観戦をより楽しめるように、

小説を書いたことがあれば、小説をより楽しめるようになると思うんです。

そんなわけで、今日は、素人ミステリー作家のせしおです。

(え?せしおさん?ご乱心ですか?)

 

 

私は、せし郎。名探偵だ。

(なんか始まった。)

 

今回の事件は、とある屋敷で起こった。

 

被害者は屋敷の主。千蔵さん、57歳。

書斎で、何者かに刃物で刺された。

 

容疑者は被害者の子供達3人だ。

遺産相続でもめてたらしい。

 

 

太郎:書斎から悲鳴が聞こえて、急いで駆けつけたら、鍵が閉まってたんだ。

居間にある鍵を取ってきて、中に入ったら、部屋の真ん中で親父が腹を刺されて倒れていた。

部屋の中には親父以外に誰もいなかったよ。

 

次郎:悲鳴が聞こえて、すぐに駆けつけたら、太郎兄さんが書斎の鍵を開けているところだったよ。

一緒に中に入って、親父が倒れているのを、発見したんだ。

救急車と警察を呼んだのは俺さ。

 

三郎:2階の部屋で音楽を聴いてたら、何となく下が騒がしい気がしたんだ。

1階に下りてみたら、書斎にはすでに太郎兄さんと次郎兄さんがいたよ。

 

 

書斎は1階だが、彼らの話によれば窓の鍵は内側から閉まっていたらしい。

これは、いわゆる密室だ。

 

 

さて、問題です。

犯人は誰でしょう。

①太郎、②次郎、③三郎

 

 

名探偵せし郎は、持ち前の推理力で即解決といきたかったが、寝不足でいつものように頭が働かなかった。

 

とりあえず、今夜はたっぷり睡眠を取ることにした。

 

 

後編へつづく。

こんな記事も読んでくれるんですね。幅の広さ、半端ないっすね!

引き続き、最高の一日を!