幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

パパがママを手伝ってはいけないワケ

f:id:Seshio-Researcher:20200224150614j:image
【1000個中の 48個目】

 

こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

 

 

子育ては本来集団で行うものであり、ママ1人やパパママ2人で行うことは、人類史上では異常事態です。

大変で当たり前です。

 

 

そんな大変な子育てのヒント。

今日は、パパ向けです。

ママからは少し反感を買うかもしれない内容です。

赤ちゃんを育てている頃、パパはママを手伝おうとして、逆にママをイライラさせてしまうことって、子育てあるあるだと思います。

 

 

パパからしたら、手伝おうとしてるのになんで怒られらきゃいけないんだと思うこともしばしば。

ママ側の立場からしたら、都合のいい時に、都合のいいことだけ手伝われても、余計に面倒だ。

みたいになっている気がします。

 

 

そもそも、『手伝う』という言葉は、それは自分の仕事じゃないけど助けてあげるというニュアンスがある言葉だと思っています。

子育てや家事を『手伝う』という考えでいる限り、他人事であり、ママからの怒りは避けて通れないことでしょう。

言葉にしなくても、態度で伝わるものです。

逆に態度で示しても、言葉を間違うと台無しです。

難易度高めです。

 

 

若いパパママは、もうこんな古い日本の考え方ではないのかもしれません。

お節介オジさんでしたかね。

 

 

仕事でも同じことが言えます。

同僚が責任をもってやるべきことなら、『手伝う』というスタンスでよいと思います。

でも、お互いが責任を持つべきことを『手伝う』というスタンスでいると、

手伝っているのに、あなたの信頼は落ちるかもしれません。

 

 

本日のおさらい

『手伝う』は他人事。

 

 

以上です。

今日も読んでくれたんですね。あれ?昨日より素敵になってますよ!

最高の一日をお過ごしください。