幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

イチロー選手に学ぶ、幸せになる『目標設定』

f:id:Seshio-Researcher:20200314090335j:image

【1000個中の 63個目】


こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

少し間が開きましたが、イチロー選手の第3弾です。

 

 

ところで、もうすぐ4月になりますね。

多くの日本の会社は年度が変わります。(妻の会社は7月らしいですが。)

あなたの会社では、MBO(目標管理制度)をやっていますか?

年度の目標を掲げて、上司と面談するアレです。

今回は目標設定について考えてみました。

 


イチロー選手は以前に50歳までは現役を続けると明言したそうです。

結果的に有言不実行になりましたが、50歳と明言していなければ45歳までプレーすることはできなかったと言っています。

イチロー選手場合、有言不実行になることを恐れず、

世間が無理だろうと思う目標を明言し、

それを覆すことをモチベーションにしたようです。

 

 

目標を設定する目的は、いくつかの種類があります。

大きく分けて、以下の2つかなと思います。

 

 

①目標達成して、周りの評価を得るため

目標設定し、それを達成することでプロジェクトや個人の評価をする。

低い目標設定になりがち。

途中で達成するとその上を目指さなくなりがち。

 

 

②目標達成に縛られず、ありたい行動を促すため

イチロー選手の場合、50歳までは現役という高い目標を明言し、それによってモチベーションを高め、創意工夫を促すものでした。

 


MBOは①になりがちです。

MBO制度では、目標の難易度も設定できるようになっていますが、クリアできない目標を上司とすり合わせられる人は、かなり少数派な気がします。

 

 

僕も残念ながらMBOでは、①に陥ることが多いです。

残念ながら、目標設定を楽しめていません。

工夫する余地がありそうです。

 

 

このブログでは、幸せのヒントを1000個投稿するという目標を掲げました。

今思えば、習慣化して、気長にコツコツと道中を楽しむためのものだったように思います。

 

 

本日のおさらい

ありたい行動を促すための目標を立てよう。

 

 

以上です。

今日も最高の一日をお過ごしください!