幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

人を批判しないという生き方 〜僕の実験〜

f:id:Seshio-Researcher:20200402211226j:image
【1000個中の 79個目】


こんにちは!研究者せしおです。

あなたの人生の役に立つかもしれない幸せのヒントを、今日も1つお届けします。

 

 

突然ですが、1冊の本が人生を変えることって、本当にあると思いますか?

実際にあなたは、そんな体験をしたことがありますか?

普通は偶発的に起きることだと思いますが、意識的に起こすことはできないか、僕で実験中です。

今日はそんな僕の話です。

 

 

はじめに本の紹介から。

 

 

僕は今、カーネギーさんの『人を動かす』という本を読んでいます。(以前話したように7回読む予定です。)

キングオブ自己啓発本の1つです。

世界で1500万部以上(1936〜1981年累計)、

日本語版で500万部以上(1936年〜現在?)売れているらしい。

ちょっと日本人買いすぎですけどね。(僕も。。。)

 

 

洋書の原題は『How to Win Friends and Influence People』です。

人を騙して操るような話ではなく、仲間を得て人々に影響を与える方法みたいな感じです。(たぶん。)

 

 

内容は『盗人にも五分の理を認める』という結構衝動的な言葉から始まる本です。

殺人犯にすら、自分なりの正当な理由を持っていて、頭ごなしに否定しても、反省するどころか、自分をもっと正当化するだけだという話に続きます。

つまり、人を批判しても、人を変えることはできず、むしろ逆効果であると説いています。

 

 

その他にも、たくさんの教訓が詰まっている本です。

・人を動かすには、自ら動きたくなる気持ちを起こさせることが唯一の方法である。

・人を批判することは、相手の怒りを買うだけであり、永続的な効果は期待できない。

・憎しみは、愛によってのみ消える。

 

 

つい最近のNHKの哲学者の番組では、

もし自分が相手と同じ境遇だったら、自分も同じことをするかもしれない前提で、人と向き合うことが大事とありました。

 

 

ちょっと小難しい話が続きましたね。

覚えなくていいです、忘れてください。

僕の話に戻ります。

 

 

なんとなくですが、人にたくさん関心を持ち、その上で、『人を批判しない生き方』を模索したいと思ってきました。

そうやって、怒りや憎しみの連鎖を断ち切れないものでしょうかね。

もちろん、人を批判する人ですら批判しません。

むしろ、大いに認めます。

そういう役割も全然あると思います。

 

 

ちなみに、実際の僕は、人を批判しないような高尚な人間ではありません。

心の中のダークサイドでは、たくさん人を批判しちゃってます。。。

そんなネガティブ思考な僕でも、人を批判しないように心がけようというレベルの話です。

 

 

もし、人を批判しない生き方をできたとすると、人間味や面白さが少し失われるかもしれません。

僕の場合、元々その面白さを持ち合わせていないので、合ってるかなと思います。。。

 

 

本日のおさらい

人を批判せずに生きてみる。

 

 

以上です。

僕の人生を変える実験は続きます。

今日も最高の一日を!