幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

自分へのお土産 せしお海外出張編

【番外編】

 

ブロガー仲間のmiyakoさんの企画に乗っかって、海外での自分へのお土産を紹介します。

 

f:id:Seshio-Researcher:20200424131802j:image

 

こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

 

 

今日はmiyakoさんの企画に乗っかって、海外での自分へのお土産を紹介します。

www.421miyako.com

 

 

5年ちょい前ぐらいは、オーストラリアやアメリカへの海外出張がちょくちょく行ってました。

羨ましい人もいるかもしれませんが、僕は旅が苦手で、乗り物酔いや体調不良が心配でなりません。

外食すると、すぐにお腹を壊すし。。。

観光地にもあまり魅力を感じていない。

できることなら、他の人に行ってほしい。

 

 

でもまあ、行くと決まれば覚悟を決めるしかないです。

楽しみもあります。

英語は趣味にしていたこともあって、たくさん聞けて、たくさん話せることが楽しみでした。

ビジネスパートナーに英語でプレゼンしたり、国際学会で発表したり、緊張しながらも良い思い出です。

 

 

さて、本題の自分へのお土産です。

滞在日数は毎回1週間程度でしたが、その間、妻は仕事と子育てと家事で大変な生活をしています。お土産は重要です。

そして、子供(その頃は長男坊一人)はお土産のことしか考えていません。

 

 

僕が買うのは大体こんな感じ。

  1. 会社用のお菓子
  2. 親族用のお菓子
  3. 妻用のお菓子
  4. 妻からのご注文の品
  5. 子供用のお菓子
  6. 子供用のおもちゃ
  7. 子供用のTシャツ

 

 

ここで問題です。

この中で、自分へのお土産はどれとどれでしょうか?

2つあります。

 

 

シンキングタイム、スタート!

 

 

3

 

 

2

 

 

1

 

 

ピーン!

 

 

正解は、

『妻用のお菓子』と『子供用のTシャツ』

でした。

 

 

妻用のお菓子は、僕も一緒に食べます。

子供用のおもちゃやお菓子は、ひっかけです。

子供用のTシャツは、子供はほとんど喜びません。

一回Tシャツだけでおもちゃを買わなかった時はものすごく落胆されました。

子供用のTシャツは、子供が着てくれるだけで超かわいくて癒やされるので、自分へのお土産なのでした。

ただの親バカでしたね。

(せっかくのmiyakoさんの企画に、こんなオチでよかったのかな。。。)

 

 

以上です。

引き続き、最高の一日を!