幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

成功しないからこそ幸せ?!

【1000個中の 131個目】

 

若くして成功した人、羨ましいですよね。

過去の栄光なんて何もない自分、少し残念ですよね。

そんな人生も悪くないんじゃないかという話です。

 

f:id:Seshio-Researcher:20200525164844j:image

 

こんにちは!研究者せしおです。

人生の役に立つかもしれない幸せのヒントを、今日も1つお届けします。

 

 

■お金や成功に固執しない

僕は、生活に必要な以上のお金も、大きな成功も、幸せになるために必要なものではないと考えています。

むしろ、固執すると悪影響の方が大きいと思います。

若くして大きな成功を遂げた人は羨ましい反面、その後の人生はかなり大変だろうなと思います。

人は比較して評価する生き物なので、過去の自分に勝てないという意識は、僕だったら結構つらいと思います。

スポーツなど若い方が活躍できる職業全般に言えることかもしれません。

 

 

■年功序列も悪くない

山あり谷ありの人生だとしても、長期的に見ると徐々に良くなっていることは幸せを感じやすいと思います。

企業の年功序列や終身雇用は賛否ありますが、幸せについて言えば、まずまずの仕組みであると思います。

年齢と共に徐々に給料が増えていきます。

不正する人が少ない仕組みとも言われています。

成果主義では、年を重ねて成果が出なくなってきた時に幸せでいられるのでしょうか。

 

 

■とはいえ、終身雇用は限界かも

トヨタ自動車でも終身雇用は限界だと言われ始め、サラリーマンも決して安泰ではない時代に突入しています。

個人的には終身雇用も嫌いではないのですが、さすがに限界ですかね。

そんな時代には学び続ける能力が、何よりの強みになると思います。

昨日の自分よりも今日の自分が成長していると実感できれば、これほど幸せなことはないと思います。

 

 

過去にあなたが成功をしているのであれば、それは誇らしいことです。羨ましいです。

過去にあなたが成功をしていないと感じているのであれば、これからの人生にやりがいがたくさん残っているだけのことです。

 

 

本日のおさらい

  • 成功するかしないかは重要ではない。

  • 昨日の自分よりも今日の自分が成長していれば、十分に幸せ。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!

 

 

この記事の甘い自己評価:☆☆☆☆☆

(共感をあんまり得られなさそうな記事。自分では評価してあげないとね。)