幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

人と比べることから逃げない。

【1000個中の 141個目】

 

僕は、他者と自分をなるべく比べないで生きたいと思っています。

でも、比べないと思うほど、比べてしまうものですね。

逃げずに向き合ってみるのも良いかと思います。

 

f:id:Seshio-Researcher:20200605211545j:image

 

こんにちは!研究者せしおです。

人生の役に立つかもしれない幸せのヒントを、今日も1つお届けします。

 

 

人の評価は相対的なものです。

どうしても他者との差が気になってしまいます。

なるべく気にしないように心がけているつもりですが、どうしても気になるのが人間の性です。

 

 

いっそのこと、自分が誰の何に劣等感を持ち、優越感を持っているのか、正面から向き合ってみましょう。

言葉や文章にしてみると、意外とちっぽけなことだったりするものです。

向き合うことから逃げていたから、大きく見えていたってことも多々あるでしょう。

 

 

はてなブロガーだったら、はてなスターの数や、はてなブックマークの数や、アクセス数を他者と比較してしまうもの。

どこまでも上はいます。

他者との比較は向上心にもなりますし、悪いことばかりでもない。

少しぐらい気にすることは、誰にでもあるはず。

今のままでも、悪くない。

読んでくれる読者に感謝。

「過度に気にしても、仕方ない。」

向き合うことで、毎回この結論に達することができます。

 

 

他者と比べることは、人が生存するために必要な能力です、きっと。

一生逃れることはできないでしょう、きっと。

真正面から受け入れてみるのも1つの選択肢です。

誰にでもある、ちっぽけな悩みだと気づきます、きっと。

 

 

本日のおさらい

劣等感にも優越感にも向き合ってみる。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!

 

 

この記事の甘い自己評価:☆☆☆☆☆

(人と比べる悪い癖が出たら、またこの記事を読もうかな)