幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

頑張ってないから失敗する?!

【1000個中の 146個目】

 

公正世界仮説って、ご存知ですか?

僕は最近、本で知りました。

結構重要な概念だと思いましたので、できるだけ簡単に紹介します。

 

f:id:Seshio-Researcher:20200611184316j:image

 

こんにちは!研究者せしおです。

人生の役に立つかもしれない幸せのヒントを、今日も1つお届けします。

 

 

今日は、僕が最近知った言葉である公正世界仮説についてです。

 

 

僕なりの理解では、

公正世界仮説とは、頑張れば成功する、努力は報われると信じることです。

人間の思考の癖みたいなものです。

 

 

公正世界仮説には、メリットとデメリットがあります。

メリットは、努力を促すことです。

成功すると信じることが努力のモチベーションになります。

学校教育では、勉強という努力が点数に結びつきやすく、努力を身につける仕組みになっていると思います。(良くも悪くも)

 

 

デメリットは、失敗した人を見ると、努力や頑張りが足りないと感じてしまうことです。

厳しめに表現すると、失敗した人を自己責任や悪人として排除してしまう傾向があります。

貧乏な人はその人の努力が足りないとか、

コロナに感染した人は配慮が足りないとか、

不遇な人を見るとその人自身に問題があるように捉えてしまう人間の心理です。

 

 

文章として読むと、自分はそんなこと絶対にないと思っても、

深く思い返してみると、結構思い当たります。。。

 

 

現実の世界は公正ではなく、持って生まれた才能や、環境や、運に左右されまくりです。

努力によって、成功確率は少し上がったとしても、失敗しないわけではありません。

 

 

努力は報われたり、報われなかったりする不確実な世界だと思っています。

それでも、僕の中には、おそらく公正世界仮説を信じている自分も少しいて、無意識にうまくいかない人を悪く思っているのかもしれません。

今回、公正世界仮説という言葉を知ったことで、改めて努力が報われる世界ではないことを自覚したいと思いました。

 

 

本日のおさらい

頑張っても失敗することが当たり前の世界だと、改めて自覚する。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!

 

 

この記事の甘い自己評価:☆☆☆☆☆

(小難しい話。せめて自己評価は高く。)