幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

大きな期待が失われてしょんぼり。

【1000個中の 372個目】

 

一度大きな期待を抱き、その期待が失われるとどうなるのか。

今日は期待値コントロールの話です。 

 

 

f:id:Seshio-Researcher:20210222060840p:image

 

 

こんにちは!研究者せしおです。

人生の役に立つかもしれない幸せのヒントを、今日も1つお届けします。

 

 

今日はせしお家の些細な話です。

 

 

近所の商業施設にたい焼きを売っているお店があったのですが、少し前にクレープ屋に変わりました。

長男坊(10歳)はあんこ系が好きでクリーム系が苦手。

少し残念そう。

 

 

そんな中、たまたまスーパーの冷凍食品売り場でみつけた冷凍たい焼きを買いました。

長男坊も次男坊も喜ぶかなーと思って。

 

 

密かに冷凍庫に入れていて、僕も忘れかけていたのですが、週末のおやつの時間に長男坊に見つかりました。

長男坊はすごくうれしそうにしていて、じゃあ食べようかとなった次の瞬間、衝撃的な事実が発覚。

 

 

チーズクリーム味。。。

たい焼きの中身はあんこじゃないの?

 

 

チーズクリーム味では長男坊は食べられません。

長男坊はしばし放心状態に突入。。。

少なからずその怒りは僕に向けられていました。

ごめんなさい、長男坊、間違えました。。。

ごめんなさい、おいしくいただきました。。。

 

 

客観的に見れば、たい焼きがない普通のおやつに戻っただけ。

プラスがなくなっただけ。

マイナスにはなっていないはずです。

 

 

でも、一度大きな期待を抱き、その期待がなくなるということの衝撃。

プラスがゼロになることは、気持ち的にはマイナス。

放心状態になるのもわかる気がします。

 

 

似たようなことは普段の生活でも結構ある気がします。

無駄に期待して落ち込む。

 

 

逆にマイナスがゼロになることも、気持ち的にはプラスなのでしょうね。

あまり期待せずに喜ぶ。

期待値コントロール大事ですね。

 

 

次の日、あんこ入りのたい焼きを妻が買ってきてくれました。

長男坊は大喜び。(次男坊は普通の喜び)

結果的にはいい思い出になりました。

めでたし、めでたし。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!