幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

不幸なことに不幸がなかった

【1000個中の 536個目】

 

こんにちは! 研究者せしおです。

今日のキーワードは「不幸がない不幸」

贅沢な悩みかもしれません。

お気を悪くしたらごめんなさい。

 

 

不幸なことに不幸がなかった。

誰かの歌でそのような歌詞があるそうです。

又聞きです。

 

 

理不尽な境遇や出来事をきっかけにして、それらを解決するために行動できたりする。

そういった不幸が生きる動機になったりする。

その人のストーリーを作ったりする。

 

 

盗んだバイクで走り出したり、放課後に窓を割ったり。

例えばそういった歌詞は、恵まれた境遇の人には書きにくいのだと思います。

古いですかね。(え?わからない?)

 

 

ここからは僕の話。

ブログをやってるとネタを探すことが習慣になったりします。

日常のこと、自分の性格、自分の境遇。

ちょっとした不幸や理不尽なことはブログのネタに変えることができます。

 

 

僕はそれなりに恵まれた環境で育ってきました。

すごいお金持ちの家に生まれたわけではないですが、ケチなこともあってお金に困ったことは特にない。

すごい天才ではないですが、公立の小中学校で伸び伸びと育って勉強に困ったことも特にない。

不便なことと言えば、胃腸が弱いことくらい。

 

 

このブログを始めてから、幸せのヒントをたくさん集めている内に、より幸せに生きられているようになってきた感じがします。

コロナも僕にとっては外に出ない言い訳ができて、家で快適に過ごせちゃってます。

家の中でちょくちょくお腹を壊していても、外にいるより断然楽です。

ブログのネタ的には、幸せに生きられちゃっているがために、伝えたいことがあまり湧き出てこない。

 

 

f:id:Seshio-Researcher:20210822212256j:image

 

 

この記事は僕にとって少々勇気のいる内容です。

言葉1つ間違えると、心象がとても悪くなる内容かと。

 

 

恵まれていることは、なかなか人に話しづらい。

記事にしにくい。

自慢になったり、嫉妬されたりし兼ねないですからね。

 

 

ブログのネタを探すために生きているわけでは全くないのですが、不幸がないことの不幸ということもあるような気がします。

贅沢な悩みと言われるとそれまでですが。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!