幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

仕事と私生活の楽しさを同じにしてみる

【1000個中の 540個目】

 

こんにちは! 研究者せしおです。

今日のキーワードは「メリハリ」

 

 

僕は仕事も好きですし、1人で本を読むのも好きですし、家事や子育ても好きです。

特殊な事例かもしれませんが、それらの楽しさを同じような水準にしているように思います。

おそらく意識的に。

 

 

仕事と私生活の楽しさを同じぐらいにしておくとどうなる?

 

 

僕の実感としては、

その日の仕事が始まるのも、仕事が終わるのも楽しみです。

金曜から週末になるのも、週末から月曜になるのも楽しみです。

長期連休に入るのも、長期連休が明けるのも楽しみです。

(あくまで個人の感想です)

 

 

宝くじを買ったり、1年に1度の旅行を楽しみに生きている人とはおそらく根本的に考え方が異なります。

良し悪しではなくて。

 

 

とても良いこと、とても楽しいことはあまり起きて欲しくないとさえ、心のどこかで思っています。

心が乱れるので。

 

 

f:id:Seshio-Researcher:20210826064040j:image

 

 

僕はメリハリや濃淡がない方が一定のリズムで穏やかに生きていける。

そんな考え方が強いように思います。

内向的な人間で、外部刺激に弱く、小さな刺激で満足できる性格がいくらかは影響していると思ってます。

 

 

おそらく特殊な事例かと思いますが、皆さん何かしらで特殊な事例をお持ちだとも思います。

ちょっと特殊な自分なりの幸せの習慣や考え方、

何か思いついたら紹介していただけるとうれしいです。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!