幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

快楽と意味と没頭

【1000個中の 609個目】

 

こんにちは! 研究者せしおです。

今日のキーワードは「幸せ」

 

 

幸せには色々な考え方が提唱されています。

幸せを科学できるほど、まだまだ人間を解き明かせていないので、色々とあります。

今回は快楽と意味と没頭の話。

 

 

快楽とは、五感を使った心地よさ。

たとえば美味しい物を食べて幸せ。(味覚)

 

 

次に、意味とは生きがいのようなもの。

たとえば野球やサッカーチームを応援する幸せ。

 

 

最後に、没頭とは、んー没頭です。

たとえばブログを書いていたら、いつの間にか数時間経っていた。

なんか充実していたーという幸せ。

 

 

f:id:Seshio-Researcher:20211110062327j:image

 

 

人間の味覚は、甘くてしょっぱくて苦くて辛くて旨味のあるような複雑なものを美味しく感じるようです。

幸せも同じかなーと思ってます。

人それぞれでバランスは異なると思いますが、快楽も意味も没頭も揃っていると幸福度は高くなる気がします。

 

 

快楽も意味も没頭もいくらかある。

快楽の中でもいくつかの快楽を感じ、

意味の中でもいくつかの意味を感じ、

没頭の中でもいくつかの没頭を感じられる。

 

 

そういう複数で複雑な状態であれば、そこそこ安定して幸せを維持できるような気がします。

なんとなく。

ハハハ。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!