幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

なんだこの変な気持ち 〜好きの共感で振られる〜

【1000個中の 148個目】

 

前回、好きを他者と共感できることの幸せについて話しました。

今日はそれを逆手に取られた話です。

 

f:id:Seshio-Researcher:20200613083527j:image

 

こんにちは!研究者せしおです。

人生の役に立つかもしれない幸せのヒントを、今日も1つお届けします。

 

 

■ゲーム好きから、ゲームをしない日々へ

僕は子供の頃はゲームが好きで、ドラクエ、ファイナルファンタジー、ロックマンなんかは何度も何度もプレイしました。

いつの頃からかゲームをあまりしなくなりました。

友達とゲームの話をしなくなったことが1つの要因だと思っています。

つまり、ゲーム好きを共感する相手がいなくなったので、なんかつまらなくなった感じです。

 

 

■再び、好きの共感でゲームを楽しむ

最近になって、長男坊と一緒に、ドラクエウォークというスマホアプリを楽しんでいます。

久しぶりにゲームを楽しんでいたのですが、予想外の出来事が起きました。

 

 

■好きの共感で振られる

去年のクリスマスの話です。

長男坊は、ドラクエ11というニンテンドースイッチのソフトをサンタさんからもらいました。

その日から、長男坊の情熱がドラクエ11へ完全に移り、ドラクエウォークをやらなくなりました。

通勤時にドラクエウォークでレベル上げをしていましたが、その成果を長男坊にかまってもらえなくなりました。

振られたような変な気持ち。。。

 

 

■子供は正直者

長男坊と好きを共感できないドラクエウォークは、もう僕の好きではなくなったようです。

長男坊の情熱の移り変わりに左右されながら、またドラクエウォークを一緒にやったり、やめたりの日々を過ごしています。

大人は人の気持ちを忖度してくれますが、子供は自分の気持ちに正直ですね。

 

 

本日のおさらい

好きを共感する相手がいなくなった途端に、つまらなくなることもある。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!

 

この記事の甘い自己評価:☆☆☆☆☆

(まあまあ)

 

↓note更新しました。

オンラインサロンは失敗OKのビジネス?!|研究者せしお / 製造業×脱CO2|note