幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

新しい体験を求めるのではなく、日々の体験を楽しむ。

【1000個中の 393個目】

 

幸せとは、他者よりもお金を持っていたり、恵まれた生活をすることだとは思いません。

僕にとって幸せとは、一見なんでもない生活をどのように楽しむか。

一見なんでもない僕という人間としてどのように楽しむか、なのかなーと。

(哲学的?)

 

 

f:id:Seshio-Researcher:20210315202255p:image

 

 

こんにちは!研究者せしおです。

人生の役に立つかもしれない幸せのヒントを、今日も1つお届けします。

 

 

人は変わりたくないと同時に、新しい体験を求める生き物だと思います。

これまでに海外旅行、海外出張、海外の研究者との共同研究など貴重な体験をしてきました。

ありがたいことです。

(新しい体験は刺激的ですし、たくさんの学びがありますね。)

 

 

でも、もっとたくさんの海外を経験している人、海外で暮らしている人に比べると体験できる量は限られています。

もちろん新しい体験から学ぶことは大切ですが、限界もあります。

(上には上がいくらでもいますね。)

 

 

さらに外出自粛の生活となると、海外に行くような刺激的な体験はあまりできなくなります。

新たな体験を渇望すると、ないものねだりに陥るような気がします。

(個人的には、家にいるだけでも快適に生きられるようなのですが。)

 

 

そんな時は、新しい体験を求めるという成功体験を一旦横に置いてみる。

今の日常的な体験を楽しもうと工夫してみる。

新しい捉え方をして、そこから何かを学び取るというのも大切かなと思います。

(人と同じものを見て、人と違うこと感じるのが個性でしょうか。)

 

 

料理だったら、新しい味付けを試してみたり。

嫌いな人との仕事だったら、その人の長所を探してみたり。

ストレスを感じた時は、自分にはどんな執着があるのか探してみたり。

そんな風に日常を楽しんでみる。

 (難しいことやっているわけでありません。)

 

 

同じような日々の生活の捉え方を変えてみる。

ちょっとした工夫をしてみる。

無理に新しい体験をしなくても、楽しめることはたくさん転がっていると思います。

(外が出るのが億劫な僕を正当化しているだけかもしれませんが。)

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!