幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

目覚まし

【1000個中の 956個目】

 

こんにちは! 研究者せしおです。

 

 

僕と長男坊(小6)は朝が得意な方で、起きてすぐに活動を始められます。

妻と次男坊(小1)は朝が苦手なようです。

 

 

平日の朝の子供達は、朝ご飯を食べて学校の準備をしてから、残りの時間で遊んでます。

最近は、自作のポケモンカード(ポケカ)で遊ぶことが多いですかね。

僕は在宅で仕事を始めているので、すぐ後ろにいるものの、あまり見ていません。

 

 

先日、次男坊が少し寝坊しました。

学校には間に合うが、遊ぶ時間があまり取れないくらいな感じ。

寝坊を後悔してか、起きた直後だからか、機嫌がよろしくないご様子。

 

 

そこに、長男坊が良かれと思ってあれやれこれやれと段取りを押し付けてきたことがきっかけ(?)で、怒り泣き始めました。

結局、30分くらい泣いていて、遊ぶどころか遅刻ギリギリな感じで出ていきました。

絵に描いたような悪循環でした。

 

 

その日の晩、対策として、アナログな目覚まし時計の使い方を教えました。

次の日の朝、次男坊は目覚ましが鳴る直前に起きて、ベッドの上で少し時間を置いてから機嫌よく起きてきました。

 

 

f:id:Seshio-Researcher:20221201062634j:image

 

 

寝坊すると機嫌悪くなるという問題を、目覚まし時計という仕組みで解決を図りました。

自分の特性を知って、自分を取り巻く仕組みを試行錯誤していく。

単純なことの繰り返しでも、割と上機嫌に生活しやすくなるコツかなと、改めて思った出来事でした。

 

 

そのうち、目覚ましかけ忘れて寝坊して機嫌が悪くなるのかな。

その対策はどうするのかな。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!