幸せに生きるための、たった1000のこと

モノが飽和する時代。幸せとは何か。人はどうしたら幸せになれるのか。幸せに生きるヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。 #幸せ #経済 #働き方 #子育て

「人を責めない」という生き方

f:id:Seshio-Researcher:20200125205322p:plain

【1000個中の 10個目】

こんにちは!ブログをはじめて、他のブログをたくさん見るようになり、自分の無知を痛感している研究者せしおです。勉強になります。

 

製造業で『脱CO2技術』を10年以上研究中。共働きの妻と、9歳の長男坊と、4歳の次男坊の4人家族。

幸せのヒントを、コツコツ1000個投稿して、幸せマスターになる!そんな僕の『わがまま』な実験ブログです。いつも応援ありがとうございます。

それでは、さっそく始めましょう!

 

本日の質問

職場でミスをした部下には、注意をした方がいいですか?

 

いい質問ですね。

最近は、注意したらパワハラなんて風潮もあって、身動きが取れないですよね。

注意することなく、ミスを起こさなくなる、そんな都合の良い考え方を紹介します。

 

・人は誰でもミスをする

真面目に仕事をしていても、人はミスをします。ミスを責められる職場では、ミスは隠した方が得になります。そうなると、時に不正が起きたりします。

繰り返します。人はミスをします。僕のような凡人も、天才も、もちろん子供も。

ここで、人を責めると、責めた人も責められた人もストレスになり、幸せから遠ざかってしまいます。

 

・人を責めるな、しくみを責めろ

そんな状況を打破するため、トヨタには「人を責めるな、しくみを責めろ」という哲学があります。僕はこの哲学が好きです。(ちなみに、僕はトヨタ社員ではありません。)

誰かがミスをしたとき、その誰かを責めずに、しくみを改善して、ミスが起きにくい環境を目指します。ミスを起こしたくても起こせないことが理想です。逆に「気をつけろ」という精神論は悪い対策とされます。

 

余談ですが、日本の製造業のトップオブトップはトヨタ自動車です。

トヨタの様々な哲学は、書籍化され、他の会社でも幅広く取り入れられています。「カイゼン」は、世界的にも通用する言葉のようです。

 

・「人を責めない」という生き方のススメ

「人を責めるな、しくみを責めろ」という哲学は、子育てにも、友達付き合いにも、全ての人間関係において、応用が効く気がします。

まだ小さい赤ん坊を持つ親なら誰しも、危ないものは手の届かないところに置いていたはずです。これも1つの「しくみ」です。

失敗やミスが起きたとき、誰もが「しくみ」に目を向け、「しくみ」作りを楽しめるようになれば、みんなハッピーで世界は平和になるはずです。

 

本日のおさらい

人を責めるな、しくみを責めろ(byトヨタ)
 

以上でーす。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。少しでもあなたの幸せに貢献できていたら、コメントもらえると、僕も幸せです。

今日も明日も最高の一日にしましょう!