幸せに生きるための、たった1000のこと

モノが飽和する時代。幸せとは何か。人はどうしたら幸せになれるのか。幸せに生きるヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。 #幸せ #経済 #働き方 #子育て

僕の失敗談 〜体調編〜

f:id:Seshio-Researcher:20200213194532j:image
【1000個中の 29個目】

 

こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。

それでは、さっそく始めましょう!

 

 

人の失敗談は、好きですか?

自分の失敗談は、人に話せますか?


今日は、体調に関する僕の失敗談です。

 

 

・出張続きの毎日

僕は仕事で毎週のように、平日の5日間、関西の方へ出張している時期がありました。
研究開発で、大きめの実験装置を動かすためです。

(妻には、ものすごく大変な思いをさせました)

 

僕が現地に行かないと、他の人が作業できない状態だったので、休んではいけないというプレッシャーがありました。

 

 

・趣味のテニスをやめる

その頃、長男坊は2〜3歳で、保育園から風邪菌をもらってきて、親がうつることもしばしば。

 

僕は会社のテニス部に所属していて、週末にテニスをすることがありました。

子育ての忙しさに加え、テニス疲れで風邪を引いて、出張に影響が出ることを恐れ、テニスを当分辞めることにしました。

 

今思えばこの選択肢が間違っていました。 

 

 

・そして、体調崩す

結果的に、テニスを辞めて一年前後で体調を崩し、なんだか気持ち悪い期間が半年以上続きました。

少し寒かったり、人前で発言したりするだけで、胃が痛くなりました。

 

病院行ったり、食事を工夫したりしましたが、あまり改善しませんでした。

軽いジョギングを始めてからだいぶ良くなり、筋力の影響が大きいのかなと思っています。

 

気持ち悪くて、運動しようと思えなかったので、筋力の大切さに気づくのに、何ヶ月もかかってしまいました。

 

これが、僕の失敗談です。

風邪を引かないように、良かれと思って、短期的に対策した結果、長期的に良くないことが起きました。

長期的なことは因果関係がはっきりせず、気づくことすら難しかったです。

 

 

・自分の失敗談を人に話せる?

自分のちょっと恥ずかしい失敗談を、人に話せる人は、幸せだと思います。

意外とそういう人は、少ないと思います。

 

あなたが人に話せるのであれば、あなたには勇気があります。すばらしい!

 

そして、同時に、失敗談を話せるすばらしい仲間に恵まれた環境であるとも言えます。

話を聞いてくれる人に、感謝ですね。

 

 

僕は、ブログをいつも読んでくれるあなたに、とってもとっても感謝しています。

いや、本当に。

 

 

本日のおさらい

自分の失敗談を、人に話してみよう。 

byせしお

 

 

以上です。

今日も最高の一日をお過ごしください!