幸せに生きるための、たった1000のこと

〜1日1つの幸せのヒント〜

勘の自分と論理の自分

【1000個中の 486個目】

 

こんにちは!研究者せしおです。

今日のキーワードは「勘」

 

 

人間は経験をすればするほど、勘でなんとなくわかったりします。

勘でわかってる気がするのに、言葉で論理的に説明できなかったります。

 

 

スポーツをすると、体が覚えていて勝手に動きます。

実は勘に頼って行動する方が、脳で考えて行動するよりも多いのかもと思ったりもします。

 

 

なにやらわからんけど、これまでの経験から総合的に判断している。

勘ってすごい。

 

 

とはいえ、勘が間違っていることも多々ありますね。

論理的に考えたり、ちゃんと計算することでより良い答えが出たりもします。

 

 

勘で出した答えと、論理的に考えた答え。

これはもうどっちが正しいとかではなく、複数の自分がいると捉えてもいいのではないでしょうか。

 

 

つまり、自分の中の多様性です。

2人の自分の意見を比べてみれば、より良い方を選べるような気がします。

 

 

f:id:Seshio-Researcher:20210625211630j:image

 

 

勘ではこっちなんだけど、論理的に考えるとこっちなんだよなー。

というような時。

どっちを選ぶのかはケースバイケースですが、選択肢が1つより2つの方がなんか楽しい。

そのぐらいの軽さで勘の自分と論理の自分と付き合ってみるのも良いと思いました。

 

 

今日の記事は、なんとなく勘で書いてしまいました。。。

 

 

以上です。

今日も最高の一日を!