幸せに生きるための、たった1000のこと

ただの会社員で、世界一幸せなお父さんが、幸せのヒントを1000個投稿して、幸せマスターを目指します。

普通のすばらしさを味わう方法

f:id:Seshio-Researcher:20200317212921j:image
【1000個中の 62個目】


こんにちは!研究者せしおです。

いつも応援ありがとうございます。



先日、せしお家の給湯器がエラーを連発し、一週間ぐらい不便な生活でした。

幸い着火源のみの故障だったようで、ガス会社さんに15分ぐらいで直してもらい、元の生活に戻りました。

 


普通に便利なものに囲まれて暮らしていても、あれやこれやに不満が出てきます。

普通のものが普通に使えないと、普通のすばらしさを痛感します。

 

 

ガスが使えるってすばらしい。

震災の計画停電の後、電気が使えるってすばらしい。

風邪ひいた後、健康ってすばらしい。

 

 

新型コロナウィルスの影響は、この先どうなるかわかりませんが、くしくも普通のすばらしさをたくさん教えてくれるでしょう。

 


人の評価は相対的です。

365日便利な暮らしだと、それは便利な暮らしではありません。

1日不便な暮らしがあるだけで、364日便利な暮らしになります。

 

 

わざと1日不便に過ごしてみるだけで、普通のすばらしさに気づけるかもしれません。

なんなら、想像してみるだけでもいいかもしれません。

 

 

1日、スマホを使わない。

1日、インターネットを使わない。

1日、エアコンを使わない。

1日、電車を使わない。

1日、お金を使わない。

1日、人と話さない。

1日、あの人に頼らない。

 

 

海外旅行から帰ってくると、日本のすばらしさに気づきますよね。

実は、不便を体験することが、旅行の醍醐味の1つなんだと思います。

 

 

本日のおさらい

わざと不便に暮らして、普通のすばらしさを味わってみる。

 

 

以上です。

本日も最高の一日をお過ごしください!